読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Less is Best

rubyが好き。技術の話とスタートアップに興味があります。

KobitoをEvernoteに一瞬で同期させる

Kobitoいいですよね。とても奇麗なシンタックスハイライトがあり、Markdownで記述ができるので、構造化した文章を書く際には重宝してます。 しかし、そんなKobitoにも一つの不満が。

私は書いた文章は全てEvernoteに保存して後から検索して引っ張りだせるように一元管理しているのですが、Kobitoを使っているとそれがめんどくさい。 毎回コピペしてEvernoteに貼付けていたので、なんとか出来ないものかと常々思っていました。 と、最近良いものを発見。

kobitonote.py - Kobitoで編集したアイテムをEvernoteに同期保存

kobitonote.py なる便利そうなスクリプト。 試しに落として使ってみましたが、見事にエラーを吐く。

しかし、ここで諦めてはいられない! てことで、Kobito1.8.3,Mac OS 10.8の環境でスクリプトが動くように修正を加えてみました。修正版はこちら。プルリクエストを送らせて頂きましたが、フォークした先のurlを乗せておきます。

yss44/qiita-toolkit:kobitonote

使い方としてはスクリプトをダウンロードして来て、chmod +x kobitonote.pyをして実行権限をつけてあげて./kobitonote.pyで動くはずです。

Alfredから起動出来るようにする

で、毎回コンソールからスクリプトを叩くのも流石にどうかと思うのでAlfredから叩けるようにしました。 しかし、無料版の私のAlfredではスクリプトを直接起動できない。。 ので、AppleScriptからkobitonote.pyを読み込んで起動させることにしました。

おもむろにAppleScriptエディタを開いて以下のコマンドを入力

do shell script "~/develope/python_projects/qiita-toolkit/kobitonote/kobitonote.py"

kobito.1384046401.638203.png

そしてアプリケーションとして保存。 保存先は~/Library/Scripts

kobito.1384046475.807054.png

あとはAlfredの検索パスに~/Library/Scriptsを追加してあげれば

スクリーンショット 2013-11-10 10.26.08.png

こんな感じで起動することができます。

やりたいなあ

現在のままだと、KobitoのCSSEvernoteに全く反映されないんですよね。。。 スタイルシートをタグのスタイル要素に変換してあげないといけないっぽいんで、そこまでやりたいなあと思いつつ。 とりあえず、codeの部分だけstyle適用させたバージョンをbranch切って上げてみてもいるのでお好みの方はそちらもどうぞ。

広告を非表示にする