Less is Best

rubyが好き。技術の話とスタートアップに興味があります。

はじめてのtmuxからTmuxinator導入まで

プロジェクトを閉じて開いてをもっと効率よくしたい!ってことでtmuxinatorをインストールして使い始めるまでを書いてみました。tmux,tmu-powerline,tmuxinatorまで一通りそろってインストールするドキュメントが無くて手間取ったのでまとめておきました。

目次

  1. tmuxのインストール
  2. tmux-powerlineのインストール
  3. tmuxinatorのインストール

1. tmuxのインストール

まずは最初にtmuxをhomebrewからインストールします

brew install tmux

設定ファイルを生成して、設定を追加します。

vim ~/.tmux.conf
#-------------------------------------
# キーバインド設定
#-------------------------------------
# prefixのキーバインドを変更
unbind-key    C-b
set -g prefix C-t
 
# ~/.tmux.confの読み込みキーバインド
unbind r
bind   r source-file ~/.tmux.conf \; display-message "tmux RELOADED!!"
  
# tmuxセッションをkillする時に下部に確認ダイアログを表示する
unbind K
bind   K confirm-before "kill-window"


#-------------------------------------
# 基本設定
#-------------------------------------
set -g default-shell /bin/bash
set -g status on
set -g status-interval 2
set -g status-utf8 on
set -g status-justify "left"
set -g status-left-length 100
set -g status-right-length 120


# スクロール設定
set-window-option -g mode-mouse on
# コピー 
set -g mode-mouse on
set -g mouse-resize-pane on 
set -g mouse-select-pane on
set -g mouse-select-window on

2. tmux-powerlineのインストール

tmux-powerlineのインストール

git clone https://github.com/erikw/tmux-powerline.git ~/.tmux-powerline

設定ファイルを生成する。

cd .tmux-powerline/
./generate_rc.sh
mv ~/.tmux-powerlinerc.default ~/.tmux-powerlinerc

天気を表示するように設定

下記部分にyahoo.comの天気ページのURLの一番右の数字を入れる 例)http://weather.yahoo.com/japan/tokyo-prefecture/tokyo-26237038/ -> 26237038

export TMUX_POWERLINE_SEG_WEATHER_LOCATION=""

~/.tmux.confにpowerlineの設定を追加する 先ほどの.tmux.confに追加していきます。

#-------------------------------------
# 色設定
# カラーコードは以下コマンドで確認
# ~/.tmux-powerline/color_palette.sh 
#-------------------------------------
# pane-active-border
set -g pane-active-border-fg black
set -g pane-active-border-bg cyan
    
     
#-------------------------------------
# tmux-powerline
#-------------------------------------
set -g status-left "#(~/.tmux-powerline/powerline.sh left)"
set -g status-right "#(~/.tmux-powerline/powerline.sh right)"
set-window-option -g window-status-current-format "#[fg=colour235, bg=colour    27]⮀#[fg=colour255, bg=colour27] #I ⮁ #W #[fg=colour27, bg=colour235]⮀"

ここで、一度tmuxを起動させてみます

tmux 

すると、文字化けしているのがわかると思います(下部ステータスバー) こちらを修正するためにフォントを変更しなければいけません

フォントの追加(Ritcy)

powerlineで使用するフォントを合成する必要があります。 そのために、Ritcyフォントを使用してフォントを作成して行きましょう。

まず、フォントの合成に必要になるfontforgeを落としてきます

brew install fontforge

作業用のディレクトリを作ってその中で作業して行きます

cd tmp

始めにこちらからから Migu M1フォントをダウンロードしてきます。 うまくコマンドラインからダウンロード出来なかったのでちょっとあれですがブラウザから落としてきます。 後は以下のコマンドを実行して行けばフォントを合成出来るはずです。(migu-m1のバージョン名は要確認)

git clone https://github.com/yascentur/Ricty.git
cd Ricty
wget http://levien.com/type/myfonts/Inconsolata.otf
mv ~/Downloads/migu-m1-20130617.zip .
unzip migu-m1-20130617.zip
mv ./migu-1m-20130617/migu-1m-bold.ttf .
mv ./migu-1m-20130617/migu-1m-regular.ttf .
sh ricty_generator.sh auto

これで、Ritcyフォントが合成完了しました。 これをフォントとしてMacで使えるようにします

mv Ricty-*.ttf ~/Library/Fonts/

さて、この次に、Rictyをベースとしてpowerline用のフォントを合成します。 これには、以下のスクリプトを実行するだけです。

git clone https://github.com/Lokaltog/vim-powerline.git vim-powerline
fontforge -script ./vim-powerline/fontpatcher/fontpatcher ~/Library/Fonts/Ricty-Bold.ttf

これで、powerline用のフォントが現在ディレクトリに合成されました。 これをまた、Macで使えるようにします。

mv Ricty-Bold-Powerline.ttf ~/Library/Fonts/

3.tmuxinatorのインストール

gem install tmuxinator
echo ' [[ -s $HOME/.tmuxinator/scripts/tmuxinator ]] && source $HOME/.tmuxinator/scripts/tmuxinator ' >> ${HOME}/.bashrc
source ${HOME}/.bashrc

でインストール完了

tmuxinatorは環境変数 $EDITOR と $SHELL を参照するので、設定してない場合は設定する。

echo 'export EDITOR=/usr/bin/vim' >> ${HOME}/.bashrc
echo 'export SHELL=/bin/bash' >> ${HOME}/.bashrc

tmuxinatorが使用可能かどうかチェックを行う

tmuxnator doctor

これで、すべてYesになっていれば完了!

tmuxinatorの設定方法

mux new <projectname>

で新規プロジェクト用の設定ファイル生成。ymlで記述して行くようです。

# ~/.tmuxinator/xhistory.yml

name: projectname
root: ~/develope/rails_projects/xhistory/server/xhistory

# Optional tmux socket
socket_name: projectname

# Runs before everything. Use it to start daemons etc.
# pre: sudo /etc/rc.d/mysqld start

# Runs in each window and pane before window/pane specific commands. Useful for setting up interpreter versions.
# pre_window: rbenv shell 2.0.0-p247

# Pass command line options to tmux. Useful for specifying a different tmux.conf.
# tmux_options: -f ~/.tmux.mac.conf

# Change the command to call tmux.  This can be used by derivatives/wrappers like byobu.
# tmux_command: byobu

windows:
  - editor:
      layout: main-vertical
      panes:
        - subl .
        - bundle exec guard
        - bundle exec spring rails s
  - server: ssh remote.net
mux start <projectname>

でtmuxinatorを実行。設定ファイルで設定した通りに起動します。

参考サイト

広告を非表示にする